明治の日推進協議会とは/本協議会沿革


明治の日推進協議会は、祝日法を改正し、11月3日を明治を記念するに相応しい「明治の日」に改めることを国会や各界各層に訴えている民間の活動組織です。
明治の日推進協議会役員一覧

■明治の日推進協議会 沿革

◎明治の日推進協議会発足に至るまでの流れ

▽平成20年
11月3日 明治節奉祝の集い開催(日本青年会館国際ホール・講師岡本幸治氏)

▽平成21年
11月3日 明治節奉祝の集い開催(日本青年会館中ホール・講師大原康男氏)

▽平成22年
11月 3日 明治節奉祝の集い開催(日本青年会館国際ホール・講師・高森明勅氏 11月3日(祝)文化の日を明治の日に!署名用紙配布)
11月18日 第一回明治の日企画委員会

▽平成23年
1月17日 第二回明治の日企画委員会(講師荒谷卓氏)
2月17日 第三回明治の日企画委員会(講師岡田幹彦氏)
3月17日 第四回明治の日企画委員会(講師皿木喜久氏)
4月18日 第五回明治の日企画委員会(講師高山亨氏)
5月31日 第六回明治の日企画委員会(講師金子宗徳氏)
6月24日 第七回明治の日企画委員会(講師川畑賢一氏)
8月15日 靖国神社社頭において署名活動展開

◎明治の日推進協議会結成以後の動き

▽平成23年
10月 1日 明治の日推進協議会結成
10月19日 第一回運営委員会(11・3集会チラシを全国会議員に配布)
11月 3日 明治の日を実現しよう!国民集会開催(ベルサール九段 決議採択記念
講演渡辺利夫氏)
11月   「明治の日を実現しよう!関連情報第1号」発行
11月 4日 同決議文を全国会議員に配布

▽平成24年
1月 3日 皇居一般参賀者へ署名用紙配布
2月   「明治の日を実現しよう!関連情報第2号」発行
3月6日 第1回「明治の日を実現しよう!院内集会」開催(国会議員18名参加・アピール採択 提言者伊藤哲夫氏 河本学嗣郎氏)
3月22日 同アピール全国会議員へ配布
3月   「明治の日を実現しよう!関連情報第3号」発行
5月   「明治の日を実現しよう!関連情報第4号」発行
6月   「明治の日を実現しよう!関連情報第5号」発行
6月 7日 第2回「明治の日を実現しよう!院内集会」開催(国会議員13名参加・決議採択 提言者大松明則氏 阿羅健一氏)
7月29日 明治天皇百年祭(関西「明治の日」推進協議会発会式)開催(於・大阪商工会議所国際ホール・講師竹田恒泰氏・決議採択)
8月   「明治の日を実現しよう!関連情報第6号」発行
8月   「明治の日を実現しよう!関連情報第7号」発行
8月15日 靖国神社社頭において署名活動展開
9月 6日 第3回「明治の日を実現しよう!院内集会」開催(国会議員8名参加 決  議採択 提言者新保祐司氏 富岡幸一郎氏)
11月3日 靖国神社社頭において署名活動展開
11月 6日 第2回明治の日を実現しよう!国民集会開催(於・憲政記念館 国会議員12名参加 決議  採択 提言者田久保忠衛氏 渡部昇一氏 片山利子氏)
11月   「明治の日を実現しよう!関連情報第8号」発行
11月   「明治の日を実現しよう!関連情報第9号」発行
12月23日 皇居一般参賀者へ署名用紙配布

▽平成25年
3月27日 日本維新の会明治の日議員連盟準備会開催
4月10日 衆議院予算委員会において、日本維新の会所属・田沼隆志衆議院議員が菅官房長官に質問。菅長官は「議員立法のことで、政府はタッチしないが、国会において改正の方向を示す問題である。しかし、明治の日の必要性についての意見があることは受け止める」と答弁。
4月16日 衆議院予算員会において、日本維新の会所属・西村真悟衆議院議員が提議。答弁は求めず。
5月10日 衆議院内閣委員会において、日本維新の会所属遠藤敬衆議院議員が菅義偉官房長官に質問。菅長官は「議員立法で決めなければならないので、各党各会派の賛成を期待して待つ」と答弁。
5月11日 産経新聞が、前日の遠藤議員の質疑と菅長官の答弁を大きく報道。
5月17日 運営委員会&実行委員会開催(明治の日推進議員連盟準備世話人打ち合わせ会併催 議員側から本人11名・代理5名、合計16名参加)
5月21日 森英介衆議院議員(自民)に陳情(高池勝彦事務総長・相澤宏明事務局長)
5月22日 衆議院内閣委員会において、日本維新の会所属中丸啓衆議院議員が菅義偉内閣官房長官に質問。菅長官は「昭和の日制定の折には明治の日に及ばなかったが、今後の議員の賛成を以て、国民の賛同と理解を得ることが必要」と答弁。
5月31日 衆議院内閣委員会において、日本維新の会所属松田学衆議員議員が菅内閣官房長官に「明治の日について我が党の遠藤・中丸両議員が質問したことに前向きな答弁をしていただき、感謝する、今超党派で議員連盟の動きがあるので、サポートをお願いしたい」旨、発言。
6月3日 衆議院決算行政監視委員会において、田沼隆志衆議院議員が菅官房長官に「祝日」について質問。勤労感謝の日、明治の日、昭和の日について質す。官房長官からは「議員立法の問題」と答弁。
6月25日 実行委員会開催(秋の国民集会・国会議員連盟・地方議員ネットワーク・署名活動などにつき審議)
7月9日  相澤事務局長、小川事務局次長、中村運営委員3名で伊藤哲夫代表委員訪問。今後、伊藤哲夫代表委員は参与に就任し、国会を担当することと決定。
8月29日 実行委員会開催(11・3「明治の日推進の集い」につき審議)
10月10日 実行委員会開催(11・3「明治の日推進の集い」細部決定)
10月20日 第一期署名集計 558、652筆
10月28日 意見広告掲載(産経新聞半5段)
11月 3日 第3回「明治の日推進の集い」(記念講演・新保祐司氏)
同集会において558,652名の署名目録を森英介衆議院議員に提出
11月15日 実行委員会開催(11・3集会の反省会・今後の取り組み討議)

▽平成26年
1月16日 実行委員会開催(今年度活動目標策定)
2月17日 実行委員会開催
4月29日 「昭和の日をお祝いする集い」において、本会塚本会長来賓挨拶、「明治の日」の必要につき熱弁を振るう
7月2日 実行委員会開催
8月7日 実行委員会開催(今年度11月の行事につき打ち合わせ)
9月9日 実行委員会開催(11月11日の細部集会決定)
10月30日 実行委員会開催
11月10日 谷垣自民党幹事長に陳情(塚本三郎本会会長他)
11月11日 「明治の日実現」決起集会(憲政記念館)開催(自民・民主・維新・次世代各党の有志議員より決意表明、署名597,550筆を鷲尾英一郎衆議院議員に手交、決議採択、各界代表意見表明 岡野俊昭氏〈新しい歴史教科書をつくる会〉 小野貴嗣氏〈神道政治連盟東京都本部長〉 櫻井よしこ氏〈ジャーナリスト〉 杉本延博氏〈奈良県御所市市議会議員〉 田中壮谷氏〈国柱会賽主〉 田母神俊雄氏〈太陽の党代表幹事〉 頭山興助氏〈呉竹会代表〉 花田紀凱氏〈月刊Will編集長〉)

▽平成27年
 2月12日 稲田朋美自民党政調会長に陳情(高池事務総長・山本本会会長秘書・松本国会担当・相澤事務局長)
2月23日 古屋圭司自民党拉致問題対策本部長に陳情(塚本会長・山本秘書・相澤事務局長・松本国会担当。議員連盟結成にむけ動き出す)
4月29日 「昭和の日をお祝いする集い」において、本会塚本会長来賓挨拶、「明治の日」の必要につき熱弁を振るう
5月12日 実行委員会
5月30日 関西「明治の日」推進協議会主催「明治の日推進講演会」(大阪護国神社、講師 西村真悟氏)
7月9日 実行委員会
8月26日 実行委員会
9月18日 実行委員会
9月29日 実行委員会
10月19日 実行委員会(11月11日集会案内を全議員会館事務所へ配布)
10月22日 朝日新聞夕刊に「『明治の日』制定の動き」記事掲載
11月3日 産経新聞紙上に「11月3日を明治の日に!!」意見広告掲載。雑誌数誌に意見広告掲載
京都伏見桃山御陵参拝団に有志参加(「明治の日実現幟」を押し立て行進)
11月5日 実行委員会
11月10日 産経新聞「正論」欄に大原康男国学院大名誉教授「いま『明治の日』制定のすべき意義」が掲載
11月11日 「『明治の日』を実現する集い」(憲政記念館)開催。署名604,449筆を古屋圭司衆議院議員に手交 有志国会議員決意表明 決議採択 基調講演(明治の日の意義 田久保忠衛杏林大学名誉教授・日本会議会長)
協賛団体 新しい歴史教科書をつくる会・頑張れ日本!全国行動委員会・関西「明治の日」推進協議会・呉竹会・国柱会・東京都神社庁・神道政治連盟東京都本部・崇教真光・二宮報徳会・日本会議・日本教育再生機構・日本郷友連盟・念法眞教・不二歌道会・霊友会第八支部
11月24日 企画会議

▽平成28年
 1月   本会ホームページ刷新

◎今後の活動について
・一千万名署名運動の展開
・国会議員への働きかけ(議員連盟の結成)
・地方議員連盟の結成と決議採択
・「明治の日を実現しよう!国民集会」「明治の日推進の集い」の開催
・全国紙・雑誌への意見広告掲載
・全国各地の組織化
以上